Digital terrestrial

地デジアンテナを取り付けて高画質の映像を楽しもう

選びかたに迷ったときは

快適に地デジを見るために

アンテナ

地デジ放送を見るために必要な地デジアンテナですが、快適な視聴をするために選び方のコツやポイントをいくつか紹介していきます。
地デジアンテナのほどんどは多くのチャンネルを受信できるようになっていますが、なかには限られたチャンネルしか受信できないものもあります。
自分の生活している地区のチャンネルを確認して、テレビに合った地デジアンテナを購入するようにしてください。
また、地デジアンテナには屋根に取り付けるタイプのものや、室内や壁面に取り付けるタイプなどがあります。
屋根に取り付けるタイプは比較的料金がお手頃ですが台風や雪といった環境に影響されやすく、壁面に取り付けるタイプはメンテナンスが簡単で場所を取りませんが、料金が高めといった違いがあります。
さらに受信感度も大切なポイントのひとつなので、電波を受信する強度によって地デジアンテナを選ぶ必要があります。
電波強度が弱い場合は電波感度の高い地デジアンテナが必要ですが、反対に電波強度が強いところで感度の高いものを使うとテレビの受信状態が悪くなるといったこともあるので注意してください。
電波強度がどのくらいなのかを知りたいときは、近所の家の地デジアンテナを参考にすることもできますが、アンテナ工事の専門家などに測定を頼んでみるのもオススメです。
アンテナ業者を選ぶときは、見積もりを確認するのはもちろんですが、家のまわりの環境などをしっかりヒアリングしてくれ、問い合わせなどに丁寧に対応してくれる業者を選んでください。

工事の種類について

アンテナの取り付け

地デジアンテナを設置する場合には単にアンテナを設置するだけでなく場合によっては配線工事や分岐工事などを行わなければなりません。
このため地デジアンテナ単体の設置費用は安くてもその他の費用が高い場合があり、そのようなことを含めて工事を依頼することが重要です。
一般的に地デジアンテナを設置するだけでの工事であれば、2万円程度で行うことができます。
この場合には配線はそのままに古いアンテナを新しいものに変更するといったものであり、工事そのものも1、2時間程度で済ませられますが、一方で地デジアンテナを設置する以外の工事が発生すると費用も時間も掛かります。
地デジ対応テレビの場合にはBS・CSの衛星放送のチューナーが内蔵されているので、地デジアンテナを設置するさいにはパラボラアンテナを設置することになります。
このさいにブースターを用いることで1つのテレビ線で引き込むことができます。
このブースターの費用が4万円程度します。
また配線を行う場合には配線工事が必要で、その建物の構造にもよりますが、数万円程度は必要です。
屋内で分配して複数の部屋に配線したい場合にも分配器を設置する必要があり、2万円程度必要になってきますし、地デジとBS・CSの電波が流れるテレビ線をテレビに繋げるさいには分波器が必要で2千円程度です。
いずれにしても地デジアンテナを設置する場合には単なる設置だけなのか、配線工事を行う必要があるのかによって費用が大きく変わってきます。

気をつけることについて

テレビ

地デジアンテナを工事する際に気をつけなければいけないことを取り上げたいと思います。
まず地デジアンテナとは、名前の通り地デジを見るために設置するアンテナのことです。
アパートやマンションでは、外に設置するのが難しい場合もあるので、室内アンテナも設置する事ができます。
地デジアンテナを設置するためには、工事する必要があります。
業者に頼むのも良いですが、室内アンテナは、自分でも簡単に設置する事ができます。
業者に頼む前に気をつけておきたいことは、引っ越しする前に頼んでおいた方が良いという事です。
引っ越しした後に頼むと、時間がかかってしまう場合があります。
今の時代、テレビは必要不可欠な電化製品です。
なので、早くテレビを見るためには、まずは引っ越しする前に業者にたのむことをおすすめします。
他にも、地デジアンテナには種類があります。
自分の自宅にあったアンテナを設置する必要があります。
自分で設置しようと考えている人は、アンテナの種類と自宅の電波強度などを知った上で設置することをおすすめします。
もし、自分で設置するのが不安な人は、業者に頼むと良いでしょう。
業者に頼むには、まずインターネットなどで設置してくれる業者を見つけなければなりません。
たくさんの業者があるので、どこに頼んだら良いのか分からないと思いますが、ホームページやサイトの口コミなどを参考にすると良いでしょう。
地デジアンテナを設置して、快適なテレビ生活ができると良いですね。