Digital terrestrial

地デジアンテナを取り付けて高画質の映像を楽しもう

適正なアンテナが必要

設置場所と地域から選ぶ

丸いアンテナ

テレビ放送は2011年7月24日に地上アナログ放送から地上デジタル放送へ移行しました。従来のアナログ放送は直進性が高く障害物を回り込むことができる特徴を持つため、山間部でも有効なことからテレビ放送に使われていました。ところがアナログ放送はテレビ以外にもFMラジオや警察無線などに使われている上、携帯電話の普及やブロードバンドの発展により周波数の空きが少なくなってしまったことから、国のプロジェクトとしてテレビ放送のデジタル化への移行が決まり、地デジアンテナが必要になりました。デジタル放送は従来のアンテナでもある程度は受信できますが、周波数の幅が広いデジタル放送の全てを受信するのは困難なことから地デジアンテナの設置が推奨されました。地デジアンテナには強電界用、中電界用、弱電界用の3種類があり、電波送信所からの距離によりアンテナを選ぶ必要があります。送信所から近い強電界地域では室内用のアンテナでも問題ありませんが、送信所から近くても建造物が多い場所や、送信所から離れた中電界、弱電界地域では工事費を伴う屋外用アンテナの設置が必要になります。近くの家電量販店や工事業者にどのアンテナを設置すべきか確認する必要がありますが、設置工事費は三万円から十万円前後と幅がありますので、複数の工事業者から見積もりを貰うと良いでしょう。地デジアンテナ自体の価格は室内用、屋外用共に三千円から一万円前後と比較的安価ですが、屋外に設置する場合は価格よりも腐食や悪天候にも強い丈夫なアンテナを選ぶのがおすすめです。

業者に依頼すると

作業員

新築の戸建て住宅でテレビを見るためには、地デジアンテナを取り付ける必要があります。戸建て住宅には、マンションのようにアンテナが設置されていません。地デジアンテナの設置は、アンテナ専門業者、家電量販店、街の電気屋に頼めます。UHFアンテナを新規に取り付ける場合は約15000円ほど、デザインアンテナを取り付ける場合は約20000円からの工事費用になっています。さらに、受信状況が悪いと電波を増幅するブースターを取り付ける必要があります。ブースター代金が約15000円から、また住居内で複数台テレビを使用する場合は、各テレビへと受信した電波を送る分配器が必要です。この分配器の代金が約5000円からとなっています。このように地デジアンテナを取り付けるときは、アンテナ単体の代金とテレビを快適にみられるように機器を設置する工事が伴うことが大半です。このため、地デジアンテナの設置費用は、おおよそ5万円から10万円ほどはかかることになります。5万円から10万円と、地デジアンテナの工事費は結構な出費になります。ですので、アンテナ工事を頼む業者を比較して、費用の安いところを探すことをおすすめします。業者では、無料の工事見積もりをしているので利用してみるといいでしょう。工事の見積もりは、細かく工事の項目と費用が記入されているかを確認しておきましょう。見積もりがしっかりと記入されているとアンテナ代金とその他の費用がはっきりと分かるので、業者の比較がしやすくなります。また、住居の構造によっては、追加工事が必要になることもあります。見積もりのときに追加の工事が必要になった場合の費用はいくらになるのか質問しておくことも忘れないようにしてください。

人気のあるアンテナです

部屋

現在、日本のテレビはデジタル方式で映像を受信する地上デジタルテレビとなっています。地上デジタルテレビでは、従来のアナログテレビに比べて高精細・高画質、高音質であり、また電子番組表を導入するなど利便性が向上しています。そんな地上デジタルテレビを受信するためには専用アンテナである地デジアンテナが必要となります。地上デジタルテレビが普及していることに伴い、地デジアンテナを設置する業者も多く展開しています。ここではそんな地デジアンテナの魅力について紹介します。地デジアンテナには屋外に設置する屋外型や屋内に設置する屋内型、その併用型といった種類があります。屋外型では景観を損なわないものが多くなっており、屋内型では設置工事が不要で手軽に導入できるといった魅力があります。また最近ではよりデザイン性に富んだアンテナが出てきていることも大きな魅力です。様々な色合いのあるものやコンパクトなものなど、家の状態にあわせて設置することが出来るのは地デジアンテナならではの魅力と言えます。さらに価格がリーズナブルという点も魅力として挙げられます。豊富な種類のある地デジアンテナを予算に応じて購入することが出来ます。なお、屋外型を設置するためにそれなりのスキルが要求されるため、業者へ設置工事を依頼することが一般的となっています。従ってこの場合には工事費用が発生しますが、この費用についても低価格であることが多くなっています。